小論:ダイナミックマイナナンバー

概要

マイナンバーカードは、行政の効率化と、国民の利便性を高める為に導入されたが、政府の強力な推進活動にも関わらず、その目標達成は、難しい状況である。その理由として考えられるのが、➀個人情報漏洩のリスクとセキュリティ体制の不安であり、又 ➁マイナンバーを利用する企業がそのとり扱いの知識を持たないことの2点と考えられる。

その解決策として、マイナンバーを固定番号ではなく、可変型に変更する「ダイナミックマイナンバー」による方法が考えられる。これにより、例えマイナンバーが漏洩しても、大きなリスクとはならない。国民がマイナンバーカード持ち歩くときの安心だけでなく、企業がマイナンバーを取り扱う際のリスクを軽減する。段階的に、「ダイナミックマイナンバー」を導入していけば、マイナンバーの活用が国民と企業の両方に普及すると考えられる。


全文は会員のみご覧になれます。
ご覧になりたい会員の方は一覧表の管理担当分科会リーダーへお問合せください。
会員でない方は、事務局へお問合せください。
管理担当:IoT分科会

戻る